« July 2007 | Main | December 2007 »

October 20, 2007

ラはラッパのラ

 ・・・むかしむかし・・・

 「ドレミの歌」は、大ざっぱに言って、ファまでが三度進行で、ソからはモードスケールというか、である。だから、「ファーはファイトのファー」と、「ラーはラッパのラー」は、全然メロディーの特徴が違う。

 まだ大学院生だった頃、ひとり、スキー修行に長野のK高原に行った。
 長野新幹線が開通していなくて、シュプール号だった。行きが大宮3/19日0:18発だったのだけど、3/18の切符を買ってしまい、「あの~、この席私たちのですけど~」ってやられて大慌てしたのが、確かこの時だったような。元々上野発(まだ3/18)で調べていたのがあだとなった。結局空いてる席に移動できて、事なきを得た。平日で良かった。

 で、検定に失敗し、がっくりしながら帰ったのが日曜日。列車内は混んでいた。近くの4人が、いろいろ盛り上がっている。こちらは眠りながらも、何となく聞こえてくる。お、連中、ゲームを始めた。ドレミの歌の一節を歌って(例えば”ドはドーナツのド”)、歌い終えたら次の人に階名を指定(例えば”ミ”)、次の人はその階名の一節を歌う(例えば”ミはみんなのミ”)とどんどんやって、間違ったらゲームオーバー、というものだった。なかなかおもしろい。
 何となく聞こえてきたのだけど、なにかおかしい・・・おかしい・・・おかしい・・・。わかった!!「ラはラッパのラ」が、「ファはファイトのファ」のメロディーで歌われていた。しかも誰も気づかない、それどころかみんなそれで歌っている。
 気になる・・・気になる・・・・。眠れない。気になって眠れない!!!さすがにゲームに水は差せなかったけど、わたしは憔悴しきりましたとさ。

AB

| | Comments (2)

October 17, 2007

秋ドラマ

産休中は、ドラマを見てしまうことが多いです。。授乳中とか。

先月は、実母が来ていて、サスペンスドラマ好きなので、毎日のように、一緒に「京都迷宮案内」や「土曜ワイド劇場」の再放送とかを見てしまいました。私も母も橋爪功好きなので、それはそれで良かったのですが・・おかげで、実母が帰ってからもサスペンスが気になるようになってしまいました。西村京太郎とか十津川警部とか浅見光彦とか山村紅葉に詳しくなってしまいました。

それに、午前中は、TBSドラマの再放送も見てしまいまして、「タイガー&ドラゴン」を全部見てしまいました。前回の産休中に見て、良かったドラマ。今回も見ましたが、面白かったです。クドカンは、やっぱりすごい。長瀬はバカなヤクザが上手い。

で、今秋クールのドラマですが、TBSの「歌姫」、CXの「ガリレオ」、日テレの「有閑倶楽部」は見ました。

「歌姫」ですが、まあまあ良かったです。これからどうなるのか分かりませんが。長瀬は上手くなりましたよね。

「ガリレオ」ですが・・・主人公が完璧な私の好み!!しかも福山!!全部見ます。「トリック」もですけど、謎解きドラマは結構好きでして。

「有閑倶楽部」ですが・・・・・・・・あまりの酷さに涙が出ました。私、20年以上読み続けている作品なんです。全巻持っているんです。30代の女性なら、この作品が好きな人多いと思うんです。・・・・きっと、多くの30代女性が、「TVとマンガは違う」と思いながらも見たと思うんです。でも、ガッカリしたと思うんです。

悠理と男山は及第点。

テレ朝の「モップガール」も途中まで見て面白そうだったんですけど、そのあとのタモリ倶楽部(鉄道博物館後編)のためにやることがあったので、途中でやめてしまいました。

CXの「SP」というドラマも面白そうですが、これは11月から。

あとは、NHKの木曜時代劇「風の果て」ですね!!前半の主人公は、福士誠治さん。純情きらりの味噌屋のぼっちゃんだった(良い方の)○彦さんですね!!時代劇にあうので、楽しみです。

| | Comments (0)

October 03, 2007

日記

妊娠しまして、9月に出産しました。第二子です。

3455gありましたが、安産で、3時間で産まれました。予定日より3日遅れ。私は、自分が未熟児だったし、やっくんも36週で産まれたしで、早産傾向にあると思っていました。で、今回の妊娠中は、溶連菌感染症や、ABさんの怪我、やっくん肺炎・・と、大変なこと続きで、早産になるかな~と思っておりましたが、一向に産まれず、8月には子宮口が2cm開いていると言われたけれども産まれず・・産前休暇6週も満喫(しかし暑くて何もできず・・)して、涼しくなってきたかな~と思ったら産まれました。

当日、ABさんが、夜、Pのリハがあって、埼玉に行ってしまいました。もし、破水等してしまった場合、やっくんを連れて一人で病院に行けるのか・・、しかも、病院は中学生以下は病棟へ入室禁止・・ということで、念のため、AB母に泊まりがけで来ていただきました。で、何事もなく、ABさんも無事帰宅。「あ~、今夜産まれれば、人手が多くて助かるな」と思いつつ就寝したところ、夜中の2時に破水。おかげで、やっくんはAB母にお願いし、起こすことなく、ABさんと病院へ。今回は、上の子もいるので、うちから一番近い病院ということで・・大学病院を選択しました。うちから車で5分。今回の破水はジャバジャバでる破水だったので、バスタオルを足に挟んで行ったのですが・・入院手続きはするのね。。産科について、診察を受けると、子宮口3cm。とりあえず、陣痛室へと言われ、言ってみると、すでに先客。「痛い!!痛い!!助けて!!もうイヤだ!!」と大騒ぎ・・どうも初産婦さんらしい。。一緒な部屋だと休めないでしょうということで、別な部屋で待機。私も、初めてのときは、ああだったと思って、「身体に力が入ると良くないなぁ・・今回はなるべく耐えよう」と思いました。そのころ陣痛は15分間隔で微弱。大したことなかったのですが、「朝、ABさんに帰ってもらって、生ゴミを出してもらって、保育所につれていってもらうには7時には生まなければ!」と思い、部屋を歩き回り、促進。すると、5時頃から痛くなりはじめ、あっという間に3~4分間隔。8時には分娩台で息んでよいことになり、9時までに産まれました。生ゴミは間に合いませんでしたが、やっくんは、お昼から保育所に行けました。

次男くん、なんと親孝行な子でしょう。

今回、本当に辛かったのは、陣痛1時間と分娩の1時間くらいでした。しかし、大きかったので、分娩は辛かったです。最終的には吸引になりました。やっくんは陣痛17時間でつらかったのですが、出す方は20分くらいでスルッとでてきたのでした。体重、1キロ近く違うし。

やっぱり、経産婦は進みが早いですね。妊娠はうれしいけど、陣痛の痛みを思い出すとブルーだったのですが・・今回は耐えられる痛みだったし、呼吸法で痛みを逃すこともある程度できて、そんなに騒ぐこともなく出産できました。・・・が、痛いのは同じでした。違うのは時間の長さと経験。でも、このくらいなら、もう産みたくない!!と思うほどではなかったかも。でも、無痛分娩にすればよかった!!と、途中で思いました。

さて、次男くんは、入院の間、新生児室で一番横綱さんでした。もう一人、全く同じ体重の男の子がいたのですが、その子は、分娩に4時間かかり、最終的には鉗子だったそうです。入院3日目朝には体重3200gまで減りました。出生後2~3日は、飲まなくても大丈夫なように、水分等を蓄えて産まれるのです。でも、出生後2日くらいはお母さんの母乳もまだ少ししかでないので、体重が自然に減るのです。「結構減ったなぁ」と気にしていたのですが・・・その日に、130g増加。その後も増加し、退院するころには元に戻っていました。助産師さんにも「優秀ですね!」と言われました。

で、現在、生後1ヶ月5kg近くあります・・・。私、母乳出る方だと思うんですけど・・足りなくて、ミルクも足さないと満足してくれません。。私がやっくんの用事もあって、いつもつきっきりで母乳をあげられるわけではないので、混合にすることにはしていたんですが・・。しかも力も強いし、添い乳でも余裕でゴクゴク飲むので楽です。大きい子は、出すのは大変ですが、産まれてからが楽ですわ。

やっくんは、キッチリ赤ちゃん返りしました。親が赤ちゃんの面倒をみていると、怒るのでしたが、最近は赤ちゃんに対する好奇心の方が勝ったようで、頭ナデナデしています。

大学病院は、思った以上に良かったです。最初は、卒業した大学で産むことにガックリ来ていたのですが。陣痛中、助産師さんが一人ついてくれるし、分娩中も助産師さんが手を握ってくれて状況を丁寧に説明してくれるし。

いきみのがしに助産師さんがお尻をおして下さったのですが、上手です!!助産師さんが途中で用事があり、「ちょっと部屋を出ますから、パパ変わって下さい」と言われたのですが、私は、「まって下さい!!助産師さんがいいんです。助産師さんじゃないとだめなんです。お尻押して下さい!!パパじゃ下手なんです!!」・・・と、ABさんの前で、思いっきり言ってしまいました。ABさん、足痛いのにがんばってくれてたんですけどね。。背に腹は変えられず。。

スタッフは、みなさん優しいし、授乳室にも必ずスタッフがいて、必ず指導してくれて安心でした。退院時には小児科の先生も診てくれるし。産科のナースは全員助産師さんだそうです。かといって、母乳量等のチェックはないので、母親の負担が少なく助かりました。第一子を産んだ個人病院は、陣痛中ほったらかしだったし、怒られてばっかり(「そんな陣痛に耐えられなくてお母さんになれるの!!」と)だったし、指導は少ないのに、チェックは多かったし・・・スタッフの数も違うから仕方ないのでしょうけど。

ただ、食事がマズイ。。

いろいろと忙しい日々ですが、楽器も復帰しました。ナベオは出ませんが。

なかなかブログも更新できない日々ですので、閉鎖も考えています。

では。

| | Comments (2)

« July 2007 | Main | December 2007 »