« 島根の弁護士 | Main | 秋ドラマ »

October 03, 2007

日記

妊娠しまして、9月に出産しました。第二子です。

3455gありましたが、安産で、3時間で産まれました。予定日より3日遅れ。私は、自分が未熟児だったし、やっくんも36週で産まれたしで、早産傾向にあると思っていました。で、今回の妊娠中は、溶連菌感染症や、ABさんの怪我、やっくん肺炎・・と、大変なこと続きで、早産になるかな~と思っておりましたが、一向に産まれず、8月には子宮口が2cm開いていると言われたけれども産まれず・・産前休暇6週も満喫(しかし暑くて何もできず・・)して、涼しくなってきたかな~と思ったら産まれました。

当日、ABさんが、夜、Pのリハがあって、埼玉に行ってしまいました。もし、破水等してしまった場合、やっくんを連れて一人で病院に行けるのか・・、しかも、病院は中学生以下は病棟へ入室禁止・・ということで、念のため、AB母に泊まりがけで来ていただきました。で、何事もなく、ABさんも無事帰宅。「あ~、今夜産まれれば、人手が多くて助かるな」と思いつつ就寝したところ、夜中の2時に破水。おかげで、やっくんはAB母にお願いし、起こすことなく、ABさんと病院へ。今回は、上の子もいるので、うちから一番近い病院ということで・・大学病院を選択しました。うちから車で5分。今回の破水はジャバジャバでる破水だったので、バスタオルを足に挟んで行ったのですが・・入院手続きはするのね。。産科について、診察を受けると、子宮口3cm。とりあえず、陣痛室へと言われ、言ってみると、すでに先客。「痛い!!痛い!!助けて!!もうイヤだ!!」と大騒ぎ・・どうも初産婦さんらしい。。一緒な部屋だと休めないでしょうということで、別な部屋で待機。私も、初めてのときは、ああだったと思って、「身体に力が入ると良くないなぁ・・今回はなるべく耐えよう」と思いました。そのころ陣痛は15分間隔で微弱。大したことなかったのですが、「朝、ABさんに帰ってもらって、生ゴミを出してもらって、保育所につれていってもらうには7時には生まなければ!」と思い、部屋を歩き回り、促進。すると、5時頃から痛くなりはじめ、あっという間に3~4分間隔。8時には分娩台で息んでよいことになり、9時までに産まれました。生ゴミは間に合いませんでしたが、やっくんは、お昼から保育所に行けました。

次男くん、なんと親孝行な子でしょう。

今回、本当に辛かったのは、陣痛1時間と分娩の1時間くらいでした。しかし、大きかったので、分娩は辛かったです。最終的には吸引になりました。やっくんは陣痛17時間でつらかったのですが、出す方は20分くらいでスルッとでてきたのでした。体重、1キロ近く違うし。

やっぱり、経産婦は進みが早いですね。妊娠はうれしいけど、陣痛の痛みを思い出すとブルーだったのですが・・今回は耐えられる痛みだったし、呼吸法で痛みを逃すこともある程度できて、そんなに騒ぐこともなく出産できました。・・・が、痛いのは同じでした。違うのは時間の長さと経験。でも、このくらいなら、もう産みたくない!!と思うほどではなかったかも。でも、無痛分娩にすればよかった!!と、途中で思いました。

さて、次男くんは、入院の間、新生児室で一番横綱さんでした。もう一人、全く同じ体重の男の子がいたのですが、その子は、分娩に4時間かかり、最終的には鉗子だったそうです。入院3日目朝には体重3200gまで減りました。出生後2~3日は、飲まなくても大丈夫なように、水分等を蓄えて産まれるのです。でも、出生後2日くらいはお母さんの母乳もまだ少ししかでないので、体重が自然に減るのです。「結構減ったなぁ」と気にしていたのですが・・・その日に、130g増加。その後も増加し、退院するころには元に戻っていました。助産師さんにも「優秀ですね!」と言われました。

で、現在、生後1ヶ月5kg近くあります・・・。私、母乳出る方だと思うんですけど・・足りなくて、ミルクも足さないと満足してくれません。。私がやっくんの用事もあって、いつもつきっきりで母乳をあげられるわけではないので、混合にすることにはしていたんですが・・。しかも力も強いし、添い乳でも余裕でゴクゴク飲むので楽です。大きい子は、出すのは大変ですが、産まれてからが楽ですわ。

やっくんは、キッチリ赤ちゃん返りしました。親が赤ちゃんの面倒をみていると、怒るのでしたが、最近は赤ちゃんに対する好奇心の方が勝ったようで、頭ナデナデしています。

大学病院は、思った以上に良かったです。最初は、卒業した大学で産むことにガックリ来ていたのですが。陣痛中、助産師さんが一人ついてくれるし、分娩中も助産師さんが手を握ってくれて状況を丁寧に説明してくれるし。

いきみのがしに助産師さんがお尻をおして下さったのですが、上手です!!助産師さんが途中で用事があり、「ちょっと部屋を出ますから、パパ変わって下さい」と言われたのですが、私は、「まって下さい!!助産師さんがいいんです。助産師さんじゃないとだめなんです。お尻押して下さい!!パパじゃ下手なんです!!」・・・と、ABさんの前で、思いっきり言ってしまいました。ABさん、足痛いのにがんばってくれてたんですけどね。。背に腹は変えられず。。

スタッフは、みなさん優しいし、授乳室にも必ずスタッフがいて、必ず指導してくれて安心でした。退院時には小児科の先生も診てくれるし。産科のナースは全員助産師さんだそうです。かといって、母乳量等のチェックはないので、母親の負担が少なく助かりました。第一子を産んだ個人病院は、陣痛中ほったらかしだったし、怒られてばっかり(「そんな陣痛に耐えられなくてお母さんになれるの!!」と)だったし、指導は少ないのに、チェックは多かったし・・・スタッフの数も違うから仕方ないのでしょうけど。

ただ、食事がマズイ。。

いろいろと忙しい日々ですが、楽器も復帰しました。ナベオは出ませんが。

なかなかブログも更新できない日々ですので、閉鎖も考えています。

では。

|

« 島根の弁護士 | Main | 秋ドラマ »

Comments

☆さん、ご無沙汰しております。

遅くなりましたが次男くんのご出産おめでとうございます&お疲れさまでした。
ウチのチビも予定日より1週間遅れ、出産時3624グラムのオオガーラちゃん(父親似)だったので☆さんの日記を読んでいたらあの辛~い陣痛を思い出してしまいました。あいたた。
(「痛い!!痛い!!助けて!!もうイヤだ!!」と大騒ぎ・・>ああ、これって私のことです。おとーさんの手を引っ掻き回して血だらけにしました)

やっくん、『頭ナデナデ』してますか。カワイイ~、すっかりお兄ちゃんですね。
近いうちに親子そろってお会いしたいですね~☆育児がんばってください。

Posted by: SKNさんちの☆です | October 22, 2007 10:25 p.m.

☆(SKN)様
☆(AB)です。ご無沙汰しております。
返事、1週間前くらいに記入したのですが・・・うまくアップロードされていなかったらしく、消えていました・・。

Mちゃん、大きい子だったのですね。うちの次男も、新生児室一番の横綱でした。今は、生後2ヶ月で6kgになりました・・。

1人目で3600gは大変でしたね~。私も長男は17時間かかりました。大騒ぎでした。でも2人目は楽ですよ。

次男は、私にもABさんにも、長男にも、全然似ていなくて・・なぜかSKNさんに似ています。。不思議なんですけど。

Posted by: ☆ | November 02, 2007 10:49 a.m.

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 島根の弁護士 | Main | 秋ドラマ »