October 17, 2007

秋ドラマ

産休中は、ドラマを見てしまうことが多いです。。授乳中とか。

先月は、実母が来ていて、サスペンスドラマ好きなので、毎日のように、一緒に「京都迷宮案内」や「土曜ワイド劇場」の再放送とかを見てしまいました。私も母も橋爪功好きなので、それはそれで良かったのですが・・おかげで、実母が帰ってからもサスペンスが気になるようになってしまいました。西村京太郎とか十津川警部とか浅見光彦とか山村紅葉に詳しくなってしまいました。

それに、午前中は、TBSドラマの再放送も見てしまいまして、「タイガー&ドラゴン」を全部見てしまいました。前回の産休中に見て、良かったドラマ。今回も見ましたが、面白かったです。クドカンは、やっぱりすごい。長瀬はバカなヤクザが上手い。

で、今秋クールのドラマですが、TBSの「歌姫」、CXの「ガリレオ」、日テレの「有閑倶楽部」は見ました。

「歌姫」ですが、まあまあ良かったです。これからどうなるのか分かりませんが。長瀬は上手くなりましたよね。

「ガリレオ」ですが・・・主人公が完璧な私の好み!!しかも福山!!全部見ます。「トリック」もですけど、謎解きドラマは結構好きでして。

「有閑倶楽部」ですが・・・・・・・・あまりの酷さに涙が出ました。私、20年以上読み続けている作品なんです。全巻持っているんです。30代の女性なら、この作品が好きな人多いと思うんです。・・・・きっと、多くの30代女性が、「TVとマンガは違う」と思いながらも見たと思うんです。でも、ガッカリしたと思うんです。

悠理と男山は及第点。

テレ朝の「モップガール」も途中まで見て面白そうだったんですけど、そのあとのタモリ倶楽部(鉄道博物館後編)のためにやることがあったので、途中でやめてしまいました。

CXの「SP」というドラマも面白そうですが、これは11月から。

あとは、NHKの木曜時代劇「風の果て」ですね!!前半の主人公は、福士誠治さん。純情きらりの味噌屋のぼっちゃんだった(良い方の)○彦さんですね!!時代劇にあうので、楽しみです。

| | Comments (0)

July 17, 2007

島根の弁護士

ビジネスジャンプで連載中の「島根の弁護士」というマンガ。

全国で一番弁護士の数が少ない島根県へ、若い女性弁護士がやってくる・・というお話です。県の数少ない弁護士の中には私の友達や同級生がいる訳なんですが・・。

それがドラマ化されまして、先週の土曜日の21:00からCXで放送されました。オールロケだったんだそうです。

で・・マンガも読んだことがあるんですが・・同じ松江が舞台なら、私は「蔵人(クロード)」の方が好きです。あれは、本当に方言とか風景が良く描けていて、感心します。「島根の弁護士」はイマイチ・・。でも、ドラマは、もっとイマイチでした・・詰め込みすぎ?

まあ、ドラマの方は風景等の細かい方が気になって、ストーリーにイマイチ入りこめなかったこともありますが。

ドラマだから仕方ないでしょうけど、弁護士事務所が東本町、下宿先が来待の方、落ちた眼鏡を探す神社(毛社神社)が八雲町って・・・自転車で移動できる訳ないよなぁ~・・と。それにその下宿先から自転車で城見縄手を通って・・って、すごい遠回りだし。

最後に主人公が母親と対面するシーンは、新しい美術館ですね。あそこは眺めが良いです。宍道湖の夕日が良く見えます。ちなみにあそこは、私の母校(小学校)跡地です・・。

でも、松江の風景は綺麗でしたね。本当に風情があって綺麗な街だな~と思いました。

とくに、今現在住んでいるT市は、人工的に造られた都市なので、全然違いますね。

最後まで見ていたら、だんだん訛ってしまいました・・。

| | Comments (0)

May 28, 2007

パイレーツオブカリビアン

ABさんの捻挫ですが、大分腫れが引いてきて、足になってきました。右足の膝から下がパンパンに腫れていて、左足の2倍くらいの太さになっていたので・・・。土日もABさんは接骨院以外、外出せず、ずっと家でジーッとしていました。そのおかげで大分よくなって来たみたいです。でも、まだ松葉杖生活です。運転は出来るようになったので、自分で仕事の行き帰りは出来ます。あと、松葉杖が無くても膝で動けるので、近くのものを取ったり、トイレに行ったり、お風呂に入ったりは出来るようになりました。

あと、座れば楽器も吹けるのであった・・・。

でも、私も坐骨神経痛が酷く、先週からの負担で、両足痛くなってきたので・・早く治って欲しいです。特に、家事は私が全部やってもいいので(今までは、分担していましたが)、お風呂と保育所送り迎えとゴミ出しが出来るようになって欲しいです・・。

最近は、やっくんは早寝なので、21時前に寝ています。私は、それから、洗濯等がありますが、TVも見られるようになりました。その代わり21時までは全然見れませんが・・。

おかげで、金曜日は「紅の豚」、土曜日は「土曜ワイド劇場」、日曜は「パイレーツオブカリビアン」を見ることが出来ました。

土曜ワイドは、たまたまTVをつけたところ、水戸の偕楽園と水戸駅が出てきたので、ABさんが見たいということで見ました。西村京太郎シリーズでした。ということは、鉄道トリック。番組開始15分、水郡線(水戸-郡山)経由で福島に旅行に行く・・というシーンが出た時点で、ABさんは「水戸線経由か、スーパーひたち上野駅経由で新幹線を使って福島へ先回り」というトリックを見破ってしまいました。さすが鉄・・・。ABさんは「常識だ」と言っていました。

パイレーツオブカリビアンは、昔から大好きなジョニーデップ出演の作品。見ようと思っていて、なかなか見ていなかったのでした。感想ですが・・正直、う~ん・・・。私は、映画の中でも、ファンタジー・SF系は大好きです。コレは、面白くない訳じゃないし、お金もかかってるなぁ~と思うし、映像も綺麗なんですけど・・・なんかもったいない感が・・。ジョニーの演技は、流石!!なんですけど。なんか、スッキリと「面白かった!!」とは言えないのでした。

同じファンタジー系なら「スリーピーホロウ」のジョニーの方が好きだし(まあ、あれはホラーですけど)、怪演なら「エドウッド」や「チョコレート工場~」の方が好きかも。。

ということは、監督の違いかな?↑の作品は、どれもティムバートン監督&ジョニーデップなので・・・。

ちなみに、ジョニー出演の映画でお気に入りは「妹の恋人」と「ギルバートグレイプ」ですね。

| | Comments (0)

May 01, 2007

ドラマ&イッテQ

結局、今クールのドラマは、特急田中3号と時効警察しか見ていません・・。バンビーノは断念しました(私のお風呂の時間なので・・)。

今回の特急田中3号、ヒロインの茨城弁は今日も凄かったです。途中、見たことのある駅が登場したのですが「JR土浦駅」でした。主役がヒロインの彼氏に会いに行くのですが、その彼氏の通っている大学は、我が母校。土浦から大学までは関東鉄道バス移動。大学西バス停辺りの新しい建物が映っていました。そのあとTXつくば駅登場。

さすが南田さん、1回で、JRもTXも登場させるプランですね・・と、ABさんが言っていました。

後半部分は、殆ど茨城ロケでしたね~。

昨日(4/30)は、やっくんが風邪気味だったため、1日家に居たのですが、ABさんが本屋さんでマンガを買ってきました。ビックコミックオリジナルで連載中の「蔵人」3巻です。このマンガ、舞台が松江市。しかもかなり方言(出雲弁)が良く書けていまして。ABさんは、読んでいて、たまに分からない言葉があるそうです。で、それを読んでいたところ、午後1時からTBSで「砂時計」というドラマがやっていました。このドラマ、「なんか、見たことのある風景だな~」と思っていたところ、舞台は島根県大田市仁摩。だから砂時計なのですな。仁摩には、琴ヶ浜という鳴き砂の砂浜が有り、仁摩サンドミュージアムという博物館もあります。「砂の町」として活動しております。私の母の実家と割と近いです。確かに、母親の実家の風景に似てるのでした。これも、「○○だけん」「○○しちょる」等の方言が・・。でも、この地方は、石見弁のはず・・でも出雲弁ぽかったんですが。ちなみに、島根県東部の出雲弁と、西部の石見弁は全く違います。石見弁は、広島弁等に近いです。出雲弁は独特な方言ですね。

このマンガとドラマを見ていたところ、私も方言に戻ってしまい、いつのまにかABさん相手に方言で話しておりました。

4/29(日)には、日本テレビの「イッテQ」も見ました。「24時間で何カ国周れるか」でした。面白かったです。結局、オランダ・ベルギー・スイス・スペイン・フランス・モナコ・イタリアの7カ国。これ以上は難しいのですかね~。

| | Comments (0)

April 18, 2007

特急田中3号と時効警察とタモリ倶楽部

先週金曜日から始まったドラマ「特急田中3号」、見ました。なんと、あのホリプロのマネージャーの南田さん(筋金入り鉄オタ)が監修しているんだそうで、しかも鉄オタ役で出演していました・・。ヒロイン栗山千明の茨城弁にもたまげましたが、鉄道ネタが本モノなのにも驚きました。

職場の茨城県南出身者の方々に栗山千明の茨城弁について聞きましたが、「あのしゃべりは間違いなくネイティブだ」と言っていました。

鉄道ネタの方ですが、「アルファーコンチネンタル」の記念ハンカチ、本モノなんですね・・私は架空のモノかと思っていました。なぜわかったかといいますと、帰ってきたABさんにドラマの内容を解説したところ、「アルファーコンチネンタルはカクカクシカジカ・・」と解説しだしたからです。存在も知らなかった・・・。

私が分かったのは「余部鉄橋」だけでした。コレは、今は無き「寝台特急出雲」に乗った際(実家に帰るのに利用)に毎回通っていたから知っていただけです。

井の頭線の乗り換えについても、私は、やっくんの様子を見ながら(もう寝てましたが)「ふ~ん」と見ていただけで良く聞いてませんでした、ABさんにその話をすると、「それはカクカクシカジカ・・」と、また言い出したので・・そっちも面倒になって良く聞いてませんでした。

カフェ&バー「ステーション」の内装もすごかったです。全部カシオペアでした。

・・ドラマ自体は、面白かったかというと・・どうかなぁ~。でも、当面は続けて見るでしょうね。先輩役の塚本高志くんは割と好きですし。主役の父役の遠藤憲一さんも好きなので(遠藤さんといえばドラマ「青が散る」ですよね!年がバレますが・・)。

そのあとのテレ朝「帰ってきた時効警察」の方が面白かったです。こっちはハズレ無しですね。ゆるーいテイストが見やすいですし。

そのあとも引き続き「タモリ倶楽部」と見ました。今回のテーマは「三ツ星ステーション」。全国の駅から三ツ星駅を紹介とのこと。

今回は、あの全国駅下車制覇(JRも私鉄も)で有名な(?)横見さん出演ということで楽しみにしておりました。

横見さんは、「鉄子の旅」という人気鉄道マンガに案内役として出ていた方です。ABさんはこのマンガも大好き。私は途中で飽きて途中から読んでいませんが・・。このマンガの中で横見さんは強烈キャラとして描かれています。

が、実際の横見さんは、もっと強烈なキャラでした・・。私が想像していた以上の方でした。私も変人好きを自認しておりますが、それでも引いてしまいました・・・。

これは一応ビデオに撮っておきました。ABさん(この日は飲み会で朝4時帰り)が見たいと言っていたので。ビデオを視聴したABさん、かなり受けていました。出演者の鉄オタの方々の小ネタにも。私には分かりません。

うーん、鉄道の世界は奥が深いですね。。でも、一層、ハマリたいとは思わなくなったような気が・・。

| | Comments (0)

April 09, 2007

ドラマ

私はテレビが結構好きです。現在は、限られた時間しか見ることが出来ませんが。

バラエティが中心になっている今日この頃ですが、ドラマもたまに見ます。10時以降の番組の方が見やすいですし(やっくんが寝たあと)。今年の冬クールは、あんまり面白いと思うものがありませんでした。面白かったのは、NHKの「ハゲタカ」というマネーゲームのドラマくらいで。

今クールは、なんといってもテレ朝の「帰ってきた時効警察」。「誰にもいいませんよカード」を再び見ることが出来るのはうれしいです。あとは、TBS金曜10時の「特急田中3号」ですかね。鉄道オタクが主役という画期的?なドラマです。なんと鉄オタのアイドル豊岡真澄ちゃんがレギュラーだそうですね。ぜひ、南田マネージャー(筋金入り鉄オタ)にも出演して欲しいです。イタリアンレストランが舞台の「バンビーノ」(スピリッツ連載中)も見ようかどうしようか迷っています。マンガは途中まで見たのですが、あんまり好きではないので・・。

金曜日が一番忙しくなりそうですね。タモリ倶楽部もあるので。

| | Comments (0)

September 20, 2006

結婚できない男 最終回

今クールで唯一毎回見ていたドラマ「結婚できない男」が最終回・・寂しい。

最終回も笑わせて貰いました。いつもより放送時間が長かったのもあって、笑えるネタがこれでもか!!というくらい詰め込んであって、大満足。最終回が良いって珍しいですよね。

やっくんを早めに寝かしつけて・・・と思っていましたが、あんまり親が大爆笑するので、やっくんも寝ず。興奮してしまい、キャッキャ言いながら布団の上でゴロンゴロンしていました。。ごめんねぇ。しかも、夜中、珍しく何回も起きるし・・この興奮が不味かったのかな-。

特に、

○1人手巻き寿司

○みちる(国仲涼子)に告白されているのに、犬(ケンちゃん)のことと勘違い

○人と2人でいると頭の中に般若心経が流れる

○いくら好きでも、納得行く家のイメージが湧かないと結婚できない!!

○金田と友達

○金田が1人焼き肉

には大爆笑でした。般若心経は分かるな~。ABさんも大爆笑でした。

本当に、結婚できない男が良く研究されているドラマでしたね。感心しました。

でも、最後に夏美先生に「来て欲しいです。どうしても。」という信介(阿部寛)の表情は、とっても良い表情でした。「信介は、こんな表情も出来る人間になったんだな~」と。阿部寛って、本当に巧い役者さんになりましたね~。一瞬の表情で、気持ちの変化や心情を表せるのは凄いですね。

笑えるだけではなく、ほのぼのする部分もあって、満足できる内容でした。

ドラマを殆ど見ないABさんと一緒に毎回見ることが出来た貴重なドラマだったので、終わるの寂しいですね・・・。続編やって欲しいような、やって欲しくないような。

ちなみに、ABさんがこれまでに毎回見ていたドラマといいますと(除くNHK)、「トリック」と「最後の弁護人」。阿部寛ばっかりでは・・・・。

| | Comments (0)

September 14, 2006

最終回って・・

TBS、水曜19:00~放映の「まんが日本昔ばなし」。

昨年10月から再開されました。嬉しい!!

「笠地蔵」の絵本、持ってたな~。うちでは、毎晩19:00からは父親がNHK7時のニュースを見ると決まっていたのですが、土曜日だけは子供優先で、「まんが日本昔ばなし」を見せて貰っていました。「雪女」は怖かったし、「白い犬が溺れる話」では号泣したし・・懐かしいです。

土曜日夜は、お風呂に入ってから「昔話」→「クイスダービー」→「8時だよ全員集合」→「Gメン75」→「ウィークエンダー」・・・が定番でしたね。

20時台は、途中から「ひょうきん族」を見ていましたが。

「Gメン75」と「ウィークエンダー」は、子供が見ても良いのか?という内容でしたが、訳も分からず見ていた記憶が・・・。Gメンの香港シリーズが好きでした。

で、昔話が再開したので、やっくんにも見せています。他のTVは全然見せていませんが、コレだけは見て欲しいなぁと思って。

昨日は、「猩々寺」と「タニシ長者」。やっくんは、人間の絵が好きです。絵本でも、人の顔(特に赤ちゃん)が登場すると大喜び。「猩々寺」では、狸囃子の音楽が流れると喜んで踊っていました。「タニシ長者」は、タニシが人間に変わるところで、ビックリしていましたが、そのあと、笑っていました。エンディングの「にんげんっていいな」でも声をあげて踊ってたんですが・・・・・・

なんと、今回で最終回とのこと・・・・えーーーーーー。ひどい。

やっと、一緒に楽しんで見れるようになってきたし、親は懐かしかったのに・・・。がっかり。

なんで、子供も大人も楽しめる番組が終わってしまうのでしょうか・・。

自分が子供のころは、世界の名作や民話、日本の民話などのアニメが沢山放映されていて、とっても勉強になったのに・・。

キッズチャンネルとかに入れってことなのかな~。

| | Comments (0)

September 06, 2006

純情きらり

昨日の「結婚できない男」。最終回にむけて、結構、話が進んできましたね。ネタ満載というよりは、話の展開の方が多かったので、笑えるところは少なかったんですが、信介が、仕事仲間の女性沢崎さんに、「おまえは便利なんだ~!都合がいいんだ!行かないでくれ!」と引き留めるのには笑いました。そんな引き留め方あるかよ。

現在のNHK朝ドラ「純情きらり」。たまに見ています。昼休みに家に帰ったときに。

連続して見るのは久々ですね~、朝ドラ。

今回は、主役がオーディションではなかったそうで。いつもは初々しさを出すために(?)新人女優さんが多いんですけど。主役は、宮崎あおいさんです。さすが小さい頃から名子役として活躍されていただけあって、演技が大変上手です。久々に(?)安心して見ることができます。他の出演者の方も演技上手なので、安心です。私は、特に「磯おばさん」が好きです。室井滋さんですね!!「やっぱり猫が好き」のレイコ時代からのファンですので。杉冬吾役の西島秀俊さんも良い味出しています。良い役ですよね、コレ。このドラマの原案となった「火の山-山猿記」の作者、津島祐子さんは太宰治の娘さん。冬吾さんのモデルは太宰だそうです。

そして、主役である桜子の相手役の名前が、「○○さん」でして。この○○さんは、おぼっちゃまで、好青年で・・・。演じている福士誠治さんも爽やか~。

私の実母は、「この○○さんは、良い男なのにねぇ。」と言っています。

どういう意味なのだろうか・・・。

今日は、その○○さんが、とうとう戦地から帰還!良かったですねぇ。

先週まで、桜子は、(義兄である)冬吾さんに引かれていくという設定で、ネット上では、大論争だったので・・。

ただ、私は、冬吾さんのモデルは太宰だし、そういう側面・展開があってもおかしくはないなーと思って見ていましたが。

あと1ヶ月、どういう結末になるんでしょうね。

来月からの「芋たこなんきん」には、城島リーダーが出演するので、そっちも楽しみです。

| | Comments (0)

August 30, 2006

結婚できない男第8話

今回は、「彼女ができて悪いか!」。ほんとは出来てなかった訳ですが・・・。

しかし、夏川結衣さん扮する夏美先生のマンガの趣味って・・渋い。

山川直人さんの「コーヒーもう一杯」を選ぶとは・・・。怒っているときは「ゴルゴ13」なんですね。

前は、ブラックジャック読んでたし、そのあとは星野之宣(「はるかなる朝」かな?)だったし。青年マンガばっかしですね。

反対に、みちるちゃんは恋愛系少女マンガ。

2人の趣味の違いが面白いですね。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧