February 25, 2008

寝坊

 1月上旬のこと。12月に引き続き、子供と世田谷に行った。また平日、朝9:00までに着かないといけない。前回の渋滞は懲りた。3時間かかるのだったら電車が速いけど寒い。性懲りもなく車にした。前回は5:40に出たけど、そのころ既にに高速に乗っていれば渋滞被害も最小限と目論んだ。
 朝、目が覚めた。6:20。はてさて、もう一回寝ようか。・・・違った。急いで起きた。大急ぎで、忘れ物満載で6:40には家を出た。さて、どのくらい遅れるか、用を足せずにドライブだけかなあ、等々考えつつ南下。意外、小菅まではなんとか流れた。都心を避けて小菅を右折。開通間もない中央環状線で、新宿を目指した。滝野川近辺。相変わらず高かったり急勾配だったりで怖い。それから新規開通区間。ずっとトンネル。カーブが少なくて快適。あっという間に新宿。そこから高井戸に向かい・・・、なんと、8時前に着いてしまった。予定通り5時過ぎに出ていたら、何時に着いていたのだろうか。
 というわけで、中央環状道の開通効果は絶大。コスト高いし、JCTに難があるらしいけど。それとも、年末の渋滞の方が、あまりにも条件の悪い日だったのかしら。
 寝坊すたし、渋滞疲れもなくて、帰りも眠くならなかった。

AB

| | Comments (0)

February 18, 2008

ご来場ありがとうございました

2/17(日) トロンボーンクラブのコンサートでした。

ご来場下さった方々、有難うございました。

私は、ホールでは、あまり聴けませんでしたが。感想少しですが・・

①私はS根組のプレトリウスの演奏は、「有り」だと思いました。スローカーぽいカンカンと華々しい演奏より(ソレももちろん好み&演奏としてあると思います)S根さんのああいった落ち着いた横ノリの演奏の方が、バロックという感じがしました。元々、舞曲ですしね。

②オネイタ、通って良かった・・

③T崎さんは、とてもメロディを歌うイメージがあるんだな~と思いました。技術が伴えばもっと良いですよね。

④A井組のチャップマン「3つの都市の音楽」は、私が現役最後にやった曲で、とても思い入れがあり、何とかしてあげたかったんですけど、4人で曲を通せるようになることで終わってしまい、内容を詰めるところまでいかず、う~ん・・と思ってしまいました。もう少し煮詰めたかったんですけども。

⑤やっぱり、ジャズの曲は気になってしまいますね。。自分もジャズっぽく演奏できる訳じゃありませんけど。頭拍が強拍になるのはチョット・・・。まあ、難しいですよね。

⑦アンコールは、A井くんのアインザッツの掛け声「1、2、2」が、すべてでした。彼は【お約束を守る男】ですね。素晴らしすぎますね。

自分としては、自分の曲(胡桃割り人形)の中でも最後の「花のワルツ」は楽しんで演奏できました。知っている曲はイメージが沸きやすく吹きやすいです。まあ、みなさんが知っている曲なので粗が目立つんですけどね。この曲は、御伽噺。子連れで来られているお母さんがいらっしゃるのが見えたので、その親子に語りかけるつもりで演奏しました。私の音が大好きというアンケートを書いてくださった30代の女性の方がいらっしゃいまして、その方だったら嬉しいです♪

ちなみに自分の子たちもABさんと一緒に来てくれたんですが、2人とも13:00からお昼寝してしまい、出発が遅れて、私の曲には間に合いませんでした・・。しかも、下の子はホールで大イビキをかいて寝てしまい、迷惑になるので、すぐに退散したそうです・・。ABさん、ホント、素晴らしい旦那様で、いつも有難いです。今後は、スキーに行って下さい。

M村組のデュボアの四重奏曲は、久々の4番だったんですけど、自分自身納得がいく演奏ではなく・・申し訳なかったです。う~ん。やっぱり感覚を忘れているし、下の音出にくくなっているな~と思いました。でも、この曲が、アンケートでは一番評判が良かったです(私の力ではないでしょうけど)。確かに、良く吹ける人を集めているので、出発点が他の曲とは違う訳ですが・・良く練習している水曜組より評判が圧倒的に(?)良くなってしまうのはどうなんですかね・・。

プログラムの私の紹介は、後輩の子が書いてくれたみたいですけど、「いつも優しくご指導下さいます。迷惑かけてすみません。思っていることを言って下さって有難うございます。こんなお母さんに怒られたら、誰も逆らえません」と書いてあり、ABさんが大爆笑していました。

いつも自分のことは棚に上げて、叱咤しているので、「こんな先輩、私だったらイヤだよな~」と思いながらやってます。。後輩の方々、良く着いてきて下さって、有難い限りです。ホントに。

今年もI村さんに「★さんは、あのメンバーで、あの曲を良くやるよね~。俺だったら諦めている。諦めないから偉い!!」と褒められました・・・。でも、後輩の方々が諦めずにやってくれるおかげですね。それに応えないと・・と思ってしまうところが「お母さん」だな~。。。

今日も、朝、下の子を抱っこして保育所にいくとき、穴があり、足がはまってしまって、転んでしまったのですが、とにかく「子供を守らなければ!!」ということしか頭に無く、とっさに受身をとって転びました。子供は、無傷だったみたいですけど(びっくりして泣いたけど)、私は膝・肘・腿が痛い。でも自分のことは頭になかったので・・ホント「お母さん」になっちゃったな~。

| | Comments (0)

February 12, 2008

つくばトロンボーンクラブ

ご無沙汰しておりまして・・・

みな元気です。

今週末演奏会があります。

♪つくばトロンボーンクラブ第21回定期演奏会

2008/2/17(日)14:00~16:00

つくばセンタービルノバホール 入場無料 全席自由

クレスポ:ブルックナーエチュード

チェイス:オネイタ

デュボア:4重奏曲

チャップマン:三つの都市の音楽 他・・

です。ぜひご来場下さい。

先立って、三連休に、ショッピングセンターで宣伝演奏しました。

地下のエントランスでしたが、お風呂でした。。ジャズには厳しいかな~。

OB組は、初見でしたが、ドイツ民謡だったので、何とか。

そのあとの、現役組に乗ったとき、知らない曲且つ初見だったので、そっちの方が緊張しました。

| | Comments (0)

December 26, 2007

チャリティ

12/23にご来場下さった方々、有難うございました。300名を越えるお客様にご来場頂きました。

おかげさまで、12万円を超える募金が集まり、全額寄付いたしました。

すぺーす結の方々もお金だけでなく、皆さんの応援を直接感じることができ、感動されたそうです。

今回、障害児福祉へのチャリティということで、市や教育委員会の後援も取りやすく、また、ポスターやチラシを好意的に貼って下さるお店も多かったです(無料だったということもありますが・・)。有難うございました。

・・が、「そういったお申し出が多くて困ってるんですよね・・。個人的には大切なことだと思いますけど、協力するのとは別なので・・」と冷たくされたこともありました。

まあ、障害が身近にあると、こういった対応が多く、悲しい思いをするのも事実です。現実ですから。

| | Comments (0)

December 25, 2007

居眠り

 先日、車で東京に行ってきた。平日の朝渋滞を恐れて、夜明け前に出発した。しかし、往路では事故&ラッシュ渋滞に巻き込まれた。復路も断続した渋滞で、消耗した。柏ICから利根川にかかるあたりで、すっかり眠くなった・・・。
 夢を見た。居眠り運転をしている夢だった。はっと気がついて、周りをみた。車 車 車、右も左も前にも車がいる。ぶつけたか?とりあえず事故の形跡はない。あれ?全部の車が停車中か?
 ここで思い出した。あまりに眠くて、守谷SA駐車場で仮眠したのだった。わざわざ停まると却って眠れん、などと思いつつ、眠っていたのか。夢見が悪くて、そこからは全く眠くならなかった。・・・セーフ。
 思い出しても怖い夢だった。休んでいなかったら正夢になっていたのだろうか。

AB

| | Comments (0)

October 03, 2007

日記

妊娠しまして、9月に出産しました。第二子です。

3455gありましたが、安産で、3時間で産まれました。予定日より3日遅れ。私は、自分が未熟児だったし、やっくんも36週で産まれたしで、早産傾向にあると思っていました。で、今回の妊娠中は、溶連菌感染症や、ABさんの怪我、やっくん肺炎・・と、大変なこと続きで、早産になるかな~と思っておりましたが、一向に産まれず、8月には子宮口が2cm開いていると言われたけれども産まれず・・産前休暇6週も満喫(しかし暑くて何もできず・・)して、涼しくなってきたかな~と思ったら産まれました。

当日、ABさんが、夜、Pのリハがあって、埼玉に行ってしまいました。もし、破水等してしまった場合、やっくんを連れて一人で病院に行けるのか・・、しかも、病院は中学生以下は病棟へ入室禁止・・ということで、念のため、AB母に泊まりがけで来ていただきました。で、何事もなく、ABさんも無事帰宅。「あ~、今夜産まれれば、人手が多くて助かるな」と思いつつ就寝したところ、夜中の2時に破水。おかげで、やっくんはAB母にお願いし、起こすことなく、ABさんと病院へ。今回は、上の子もいるので、うちから一番近い病院ということで・・大学病院を選択しました。うちから車で5分。今回の破水はジャバジャバでる破水だったので、バスタオルを足に挟んで行ったのですが・・入院手続きはするのね。。産科について、診察を受けると、子宮口3cm。とりあえず、陣痛室へと言われ、言ってみると、すでに先客。「痛い!!痛い!!助けて!!もうイヤだ!!」と大騒ぎ・・どうも初産婦さんらしい。。一緒な部屋だと休めないでしょうということで、別な部屋で待機。私も、初めてのときは、ああだったと思って、「身体に力が入ると良くないなぁ・・今回はなるべく耐えよう」と思いました。そのころ陣痛は15分間隔で微弱。大したことなかったのですが、「朝、ABさんに帰ってもらって、生ゴミを出してもらって、保育所につれていってもらうには7時には生まなければ!」と思い、部屋を歩き回り、促進。すると、5時頃から痛くなりはじめ、あっという間に3~4分間隔。8時には分娩台で息んでよいことになり、9時までに産まれました。生ゴミは間に合いませんでしたが、やっくんは、お昼から保育所に行けました。

次男くん、なんと親孝行な子でしょう。

今回、本当に辛かったのは、陣痛1時間と分娩の1時間くらいでした。しかし、大きかったので、分娩は辛かったです。最終的には吸引になりました。やっくんは陣痛17時間でつらかったのですが、出す方は20分くらいでスルッとでてきたのでした。体重、1キロ近く違うし。

やっぱり、経産婦は進みが早いですね。妊娠はうれしいけど、陣痛の痛みを思い出すとブルーだったのですが・・今回は耐えられる痛みだったし、呼吸法で痛みを逃すこともある程度できて、そんなに騒ぐこともなく出産できました。・・・が、痛いのは同じでした。違うのは時間の長さと経験。でも、このくらいなら、もう産みたくない!!と思うほどではなかったかも。でも、無痛分娩にすればよかった!!と、途中で思いました。

さて、次男くんは、入院の間、新生児室で一番横綱さんでした。もう一人、全く同じ体重の男の子がいたのですが、その子は、分娩に4時間かかり、最終的には鉗子だったそうです。入院3日目朝には体重3200gまで減りました。出生後2~3日は、飲まなくても大丈夫なように、水分等を蓄えて産まれるのです。でも、出生後2日くらいはお母さんの母乳もまだ少ししかでないので、体重が自然に減るのです。「結構減ったなぁ」と気にしていたのですが・・・その日に、130g増加。その後も増加し、退院するころには元に戻っていました。助産師さんにも「優秀ですね!」と言われました。

で、現在、生後1ヶ月5kg近くあります・・・。私、母乳出る方だと思うんですけど・・足りなくて、ミルクも足さないと満足してくれません。。私がやっくんの用事もあって、いつもつきっきりで母乳をあげられるわけではないので、混合にすることにはしていたんですが・・。しかも力も強いし、添い乳でも余裕でゴクゴク飲むので楽です。大きい子は、出すのは大変ですが、産まれてからが楽ですわ。

やっくんは、キッチリ赤ちゃん返りしました。親が赤ちゃんの面倒をみていると、怒るのでしたが、最近は赤ちゃんに対する好奇心の方が勝ったようで、頭ナデナデしています。

大学病院は、思った以上に良かったです。最初は、卒業した大学で産むことにガックリ来ていたのですが。陣痛中、助産師さんが一人ついてくれるし、分娩中も助産師さんが手を握ってくれて状況を丁寧に説明してくれるし。

いきみのがしに助産師さんがお尻をおして下さったのですが、上手です!!助産師さんが途中で用事があり、「ちょっと部屋を出ますから、パパ変わって下さい」と言われたのですが、私は、「まって下さい!!助産師さんがいいんです。助産師さんじゃないとだめなんです。お尻押して下さい!!パパじゃ下手なんです!!」・・・と、ABさんの前で、思いっきり言ってしまいました。ABさん、足痛いのにがんばってくれてたんですけどね。。背に腹は変えられず。。

スタッフは、みなさん優しいし、授乳室にも必ずスタッフがいて、必ず指導してくれて安心でした。退院時には小児科の先生も診てくれるし。産科のナースは全員助産師さんだそうです。かといって、母乳量等のチェックはないので、母親の負担が少なく助かりました。第一子を産んだ個人病院は、陣痛中ほったらかしだったし、怒られてばっかり(「そんな陣痛に耐えられなくてお母さんになれるの!!」と)だったし、指導は少ないのに、チェックは多かったし・・・スタッフの数も違うから仕方ないのでしょうけど。

ただ、食事がマズイ。。

いろいろと忙しい日々ですが、楽器も復帰しました。ナベオは出ませんが。

なかなかブログも更新できない日々ですので、閉鎖も考えています。

では。

| | Comments (2)

June 25, 2007

のんびり土日

4月くらいから、音楽(楽器)活動も殆どお休み中です。まあ、家で吹けますが。結局5月くらいからは、ABさんの捻挫騒ぎやら、やっくんの入院やら・・で、音楽どころではなかったのですが。

年の前半はABさんの本番の方を優先しています。10月くらいからは、また私が優先になる予定ですが。。

でも、土日もノンビリしていると、楽です。体力が。やっくんと遊んであげて、のんびり過ごすのも楽しいです。と、思って、この前、ABさんに「あ~、このまま、楽器止めてもいいかな~。」と言ったところ、AB「止めないで!!私は、細々とでもいいから続けたいです。どっちか止めたら、絶対両方止めることになる。だから止めないで下さい」と、め~ずらしく懇願されました。確かに、私は、そんなに心が広い方ではないので、私が楽器を止めた場合、ABさんだけ続けるのに良い顔をする訳がないなぁ・・。

ということで、細々とでも、続けることに。。ということで、水曜日はTbクラブの今年度の顔合わせに出てきました。練習場所近いから楽ですしね。やる曲探さないといけませんね・・・。A井くんが、私がかつて学生時代にやった曲をやるそうなので懐かしいです。

しかし、ABさんが、そんなに楽器(音楽)に対して、やる気があったとは・・思っていなくて、改めてビックリしてしまいました。ABさん、普段、音楽聴かないし、練習もしないし。。でも、本当は(?)トランペット好きなんですね~。

ちなみに、やっくんはトロンボーンよりトランペットが好きみたいです。しかも、クラシックよりジャズの方が好きみたいです。昨日、教育テレビで22:00からマイルスデイビスの番組をやっていたのですが(1回寝たけど、22:00ごろ起きてしまいました)、演奏のVTRが流れると食入るように見ていて驚きました。演奏が終わると、またオモチャに戻るのですが。彼は太鼓好きなので、クラシックよりジャズの方が好きなのかもしれませんね。

| | Comments (0)

退院&発熱&療養

やっくん、CRPも0.8になり、めでたく6/16(日)に退院しました。抗生物質と風邪薬を貰って帰宅。とっても元気になり、おうちに着くと、安心したようで、大喜びでした。親も一安心・・・・でしたが、

6/17(月)起きると、お手手が熱い・・38.5度。

びっくりして、すぐに入院していた病院の外来へ連れて行きました。

念のため血液検査をしたところ、CRPも低いし、風邪でしょうとのこと。明日も熱が出たら来て下さい・・で終わり。午後は36度台に下がったのですが、ひたすら寝ていました。

翌日、6/18(火)も発熱。40度まで上がりました。1日のうちに、.36度~40度まで熱が上がったり下がったり。そのサイクルは処方された薬を飲んでいる時間とは全く関係がありません。「これはおかしい・・薬効いてないのでは・・」と思い、再度受診。しかし、症状もお熱だけだし、肺の音も綺麗だし、食欲もあり水分も取れているので、様子を見ましょうとのことで終わり・・。

でも、こんなに1日で熱が上下するのって・・おかしい・・。本人も、熱が下がっているときは、結構元気ですが、上昇すると、やっぱり辛そうです。幸い、食事は取れているので、体力はあるようですが・・。

6/19(水)も発熱。もうこれは絶対薬が効いてない!!と思い、違う病院に連絡して、行って来ました。肺の音は綺麗なので、レントゲンの必要はなしとのこと。血液検査をしてもらうと、CRPが10(通常は2以下)。入院した病院で処方された抗生物質が効いてないのでは・・という話をしたところ、違う抗生物質を点滴して貰えました。すると、すぐにお熱が下がって来て、明らかに顔色が良くなりました。

点滴が終わって、おうちに帰ってからも、元気で、顔色も良く、熱も出ませんでした。

や~っと、ホッとしました。。。念のため、6/20(木)、6/21(金)も点滴してもらいました。やっと元気になりました。

保育所っ子なので、たくさん病気は貰ってきます。でも、こんなに長引いたのは初めてでビックリしました。。。特に、今回は、薬や医師の判断に左右されたことが多かったので、色々と考えさせられました。

6/21には、私も疲れが出てしまい、体調が悪化。点滴付き添いもABさんに行ってもらいました。ABさん、大分動けるようになって助かります。ABさんは仕事もままならなかったので、土日も仕事に行きました。

私は、先週今週と殆ど仕事にいけず・・とほほ。やっくんの保育所代分も稼げなかったかも・・・。

| | Comments (0)

June 12, 2007

回復傾向

やっくん、抗生物質が良く効いたようで、お熱も下がりました。

お医者さんにも「この子は抗生物質が良く効きましたね~」と言われました。

2日間お熱が下がって、採血して炎症数値が低ければ退院出来そうです。食欲もあり、バクバク食べていますが、点滴をしているので、あんまり動けなくてかわいそうです。

ニコニコするようになってきましたが、まだ体力が完全に回復していないようで、良く眠っています。食べると寝てしまいます。39度の熱が3日間続いたので、余程辛かったでしょう。。

早く良くなって欲しいです。

| | Comments (0)

入院・・

やっくん、肺炎で入院になってしまいました・・。

先々週くらいから風邪気味だなと思っていて、先週発熱したので、かかりつけ病院へ何度も行ったのですが・・。「風邪でしょう」とのこと。平日はお熱が下がったりして保育所にも行ったんですが、とうとう土曜日から発熱・解熱剤を使ってもあんまり下がらなくなり、このままでは埒があかないので、大きい病院に連れて行ったところ、レントゲンをとって肺炎と診断されました。炎症値が高めなのでそのまま入院となりました。

本人は、食欲もあり、水分も飲んでいて、解熱剤で熱が下がっているときは結構遊んで元気だし、咳があるわけではないので、結構元気そうに見えるのですが、お熱がすぐに上がります・・・。

ABさん捻挫、やっくん肺炎・・・私も疲れました・・。お祓いしてもらった方がいいのかも・・。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧